2013年12月01日

『ノンストップ!』洋食マナーの感想。その2

13.11『ノンストップ!』1.jpg先日出演した『ノンストップ!』(フジテレビ)の「今さら聞けないマル恥(ち)手帖」【洋食マナー】への感想が続々届いています。皆さん、有り難うございます。その中から、【エグゼクティブ】受講生・みずかきさんからのメールの一部を紹介します。

「ランキング形式の先生からみた「洋食マナーの最悪のトップ5!」
大変楽しく、勉強になりました。ありがとうございます。 スープのパイ包みは、ふちまで頂くのがマナーと思っていましたし、サラダの食べ方、特に葉っぱものは、いつも最後まできれいにいただけるときとそうでないときと、これは運!と勝手にきめつけ諦めていました。 カットせずに一口サイズにおりたたみ、瑞々しさを凝縮させていただくというご説明も、納得いたしました。(中略) 

自分が【テーブルマナー講座】にでている時には、余裕がなくて先生の一連の細かな手の動きまでを見ることができず、見ていなかったことにも気付けないままでしたので、テレビで拝見できるのは大変ありがたく勉強になりました。講座の時におしゃっていたように、手元アップでも一切のブレがいっさいないのは、『あのことですね!』 と自分の中で反芻いたしました。(中略) 

 13.11『ノンストップ!』2.jpgまた、久保田さんが ファミレスでも同じことをやるの?と聞いたときの先生の反応!(笑) そもそも、場所によってマナーを変えるという考え自体が間違っている。普段やっていなくて、高級レストランに行ったときだけできるわけがない。という言葉も、シェリロゼで講座を受けているような気分になりました。 

先生にとって、私達受講生も芸能人の方も(テレビを通して学んでいらっしゃる視聴者も)、みな同じ、大切に思いをかけて下さっていることがわかり、その根源はその人によりよくなってほしい、マナーを通して円滑な人間関係を築き人生を豊かなものにしてほしい、という熱い思いであることを実感いたしました。 


出演者の方々が皆リラックスされて本当に楽しそうで、それは先生自身が楽しく、心を開いて皆さんと向かいあっているからなんだろうと思いました。
テレビにご出演されている井垣先生をみて、授業での学びを先生が自ら見せて下さっていることがわかり、本当に私たちはツイています!ありがとうございます


posted by c_roses at 08:47| 受講生からのお便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。