2014年01月09日

『華麗なる一族』一万円のあわびカレーライス

14.01年末年始 031.jpg14.01年末年始 024.jpg伊勢神宮への初詣の翌日。志摩観光ホテルにあるフレンチレストラン『ラ・メール クラシック』で、ランチをすることにしました。前回訪れた際にメニューを見て「あわびのカレーライス=一万円」を発見し、とても驚きました! だって、カレーライスが一万円ですよ!!

14.01年末年始 028.jpg14.01年末年始 025.jpg今回、そのカレーライスを叔父が注文。上品なサフランライスを、「お好きなだけどうぞ」と熟練のサービススタッフが取り分けてくれます。大きなあわびが、一匹分、ごろごろと大き目に切られて入っています。写真で見ても、その贅沢ぶりがお分かり頂けるはず☆ 

14.01年末年始 035.jpg14.01年末年始 040.jpg私の妹は、このお店の自慢の逸品「黒あわびのステーキ」を注文しました。肉厚の黒あわびを、6時間じっくり煮込んで、独自の方法で作っているそう。弾力がすご過ぎて、ナイフが入らなかったほど。でも、口に入れるととっても柔らかい、最高級のあわび料理。あわびの中でも、一番が「黒あわび」。その持ち味を存分に活かした、究極のお料理なのです。

14.01年末年始 038.jpg14.01年末年始 036.jpg結論から言うと、「話のタネ」としては、「あわびカレー」は面白いのですが、カレーの味にあわびの持ち味が消され、もったいないそうです。やはり、黒あわびのステーキが、あわび本来の魅力が楽しめる逸品のようです。

14.01年末年始 020 (2).jpg14.01年末年始 023.jpg14.01年末年始 018 (2).jpg私は、伊勢志摩の名物=「伊勢海老」を頂きました。アメリカンソースに、海老の出汁がたっぷり出ています。新鮮な伊勢海老を生きたまま調理しているため、海の香りがします。存在感ある海老のきゅっきゅっとする弾力が、噛むたびに心地良い。

このレストランの料理人、サービススタッフといった、一流人の丁寧な仕事ぶりにより、感動で笑顔しか出ないほど、お正月に贅沢な時間を過ごせました。

posted by c_roses at 17:02| 食べ物&料理のレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「華麗なる一族」の舞台で、ティータイム♪

14.01年末年始 014 (2).jpg14.01年末年始 001.jpg14.01年末年始 005 (2).jpg伊勢神宮への初詣の帰りには、「シマカン」こと、志摩観光ホテルでお食事をするのが、最近の定番です。シマカンは、知る人ぞ知る、優雅な空気の漂う、クラシックな高級ホテル☆ 三重県のとても不便な場所にあるのですが、「何でこんな田舎に、こんなに素敵なホテルがあるのか?!」と不思議に思う、色々な意味ですごいホテルです。 

1973年の映画『華麗なる一族』の舞台となった伝説のホテルです。私は映画は見ていませんが、木村拓哉さん主演のドラマ版を見て、世界観が大好きで、完全にハマったドラマです。映画版も近日中に見ようと思っています。

14.01年末年始 003.jpg14.01年末年始 004.jpgその映画版の撮影に使われたのが、二階にあるラウンジ『アミー』です。ついてる☆ことに、私たちは撮影で使用されたテーブルに案内されました。だから、テーブルの上に、撮影シーンが飾られていたのです。その当時とまったく同じ家具、障子を使用されているのも、シマカンの良さだと思います。

14.01年末年始 009 (2).jpg14.01年末年始 010 (2).jpgこの日の夜は、志摩にあるステーキハウス『ペンション・シャカ』で、お食事の予定なのですが、お茶だけでなく、サンドイッチを注文。選択肢は「キュウリとハム」の一種類しかありません。私はトーストの方が好きなので、パンを焼いて頂きました。同じサンドイッチも、パンを焼いたものと、焼いていないものの二種類注文。ハムは少し厚めで、塩分が控えめな上品な味でした。

14.01年末年始 006 (2).jpg14.01年末年始 007 (2).jpg妹と叔母が頼んだケーキたち。使い込んでいるフォーク&ナイフが、ピカピカに磨かれていて、スタッフの皆さんが食器類を大切にしている思いも伝わってきました。

来られているお客さんたちは、きちんとした身だしなみの高齢なご夫婦、常連らしき品のあるご家族ばかり。優雅な雰囲気が漂う志摩観光ホテルは、お客さんたちも素敵な人が多く、居心地がとても良いです♪

アミーラウンジ / 賢島駅
昼総合点★★★★★ 5.0


posted by c_roses at 16:15| 食べ物&料理のレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。